実質法人税はいくらなのか?

法人税がいくらかかるのかは法人経営者なら気になるところ。

★法人税の対象

1年間でいくらキャッシュが残ったか(現金主義)ではありません。あくまで法人税は発生主義です。お金の動きに関わらず、発生した売上から発生した経費を差引きます。

その差額=利益に対して法人税がかかります。

なので、在庫が大きい場合や売掛金が大きい場合には利益が大きいにもかかわらずお金がない可能性があります。そのときに、税金を支払うキャッシュが残っていないケースも考えられるので、税金がいくらぐらいになるかは常に意識して経営を行うべきです。

それができなければ黒字倒産リスクもゼロではありません。

 

★法人税率

平成27年9月以降で考えると、上記の利益*25%程度と考えておけばいいでしょう。

但し年間利益が800万円を超える場合には、税率が上がります。この場合には利益*33%程度と考えておきましょう。

海外ビジネス・グローバルビジネスの成功のためのメルマガ:世界ビジネスウルルン紀行

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ